スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  誰と過ごすの?(桃子編) 

Berryz工房 2006/08/07 |このエントリーを含むはてなブックマーク 
クリスマス作品。こちらは桃子編です。前半部は友理奈、後半部は桃子の視点です。

2005年12月25日掲載。

.

「はい。じゃあちょっと早いけど今日はおしまい!」
「おつかれさまでした~」

ダンスレッスンが終わる。今はお正月のコンサートに向けてのレッスンの毎日。
学校も冬休みになったし、これから追い込みの一週間。あたしたちBerryz工房にとっては冬休みもお休みとはとても言えない。
むしろレッスンに、またどうしても遅れがちなお勉強を取り戻すために毎日毎日とっても忙しい。
だからあたしたちにはクリスマスなんて、家で家族とパーティーすることはできても、
友達とか、ましてやその…好きな人とかと一緒に遊びに行くなんてことはかなわぬ夢だと思ってた。
でもお仕事は、レッスンはあたしたちが望んで受けているんだから、
Berryz工房としてがんばる機会を望んで、せっかく与えられているんだからがんばらないと。
そう思って今日も一日過ぎると思ってた。なのに…

「はぁ、中途半端な時間に終わっちゃったなぁ」

タオルや飲み物なんかを片付けながら、あたし熊井友理奈はフロアの隅っこに座り込む。
今日はレッスンの日だって思ってたのに、思いのほかレッスンが早く終わっちゃってヒマになっちゃった。
外を見ればまだ日が沈んだばかりの時間だし…どうしよう。
クラスの友達のパーティーは、どうせ行けないと思っていたから断っちゃったし…そうなるとやっぱりメンバーと一緒に過ごすことになるのかな。
そういえばさっきからちらちらと2人分の視線を感じるし…

ちら、と見ると、やはりそう。フロアをうろうろしながらちらちら目線を送ってきているちょっと挙動不審なちーと、
あたしの後ろからこっそり忍び寄ってきていて、でもあたしが振り向くと「だるまさんがころんだ」みたいに素知らぬふりをする、こちらも負けじと挙動不審なももちだ。
二人ともすっごく熱い視線を送ってきてる。最初のうちはあえて相手にしてなかったんだけど、
焦れてきたのかだんだんちーがこっちを見る回数が増えてきてるし、
ももちもあと少しであたしの背中に飛びつける距離まで来てる。時間がない!そろそろ決断しないと…どうしよう。
えーと…




「ももち、今日これから何か予定ある?」
「え、あたし?」

ゆりに選んでもらえるなんてっ!うれしいな。
でもどうしよう。あっちこっち行きたいところはあるんだけど…あんまりお金ないし…。

「予定は…ないねぇ」
「おー。じゃあ遊ぼうよ」
「あたしでいいの?」
「うん」
「そっかぁ…じゃあどうしよう。とりあえずプリクラでも撮りに行こっか?」

これなら安いし、それに2人っきりだしね。あと物として後に残るってのもうれしい。さぁ、ゆりはOKするかなぁ?

「ねぇ、いいでしょ?」
「うん。行く」

やったぁ♪レッスンも終わったし、早速帰る準備準備。あ、そういえばちーはどうしたんだろ。
目の前でいつもゆりとイチャついてるのを見せてるけど、さすがにイヴにはこたえたかなぁ?
レッスン場の片隅のちーを見てみる。

「え?今日はみんな揃うの?うん、じゃあ千奈美も帰らないとね。うん、すぐ帰る」

電話してる。ちーの家は確か4人姉妹だっけ?ちーは次女だったかな?やっぱり家族団らんって大事だもんね。
なんか話してるの聞いてると、お父さんお母さん、それにおねえちゃんや妹だけじゃなくて、今日はおじいちゃんとかおばあちゃんも来てのホームパーティーみたい。
パタパタと荷物を片付けて

「おつかれさまでしたー!」

レッスン場を一足先に後にするちー。いつもよりいっそう足取りが軽い感じ。いいなぁ。
でもそのおかげでゆりはあたしと一緒なので、こちらも問題なっしんぐー!

「じゃあうちらも着替えて、出かけよっ♪」

ゆりも乗り気だし、よかったよかった。レッスン場にはまだ何人か残ってるメンバーやスタッフさんがいたけど、簡単にごあいさつして更衣室へ。
着替え中にゆりの方を見る。モデルさんみたいにスラッとした長い手足、全くむだな肉のないおなか…すっごくうらやましい!
視線を自分の体に戻してみる。小6のゆりよりちっちゃな体、おなかは何か食べたらすぐぽっこりするし、
あと手もなんか…ゆりのは指先までスッと伸びてかっこいいけど、あたしのはぷっくりしててなんか子供って感じで、
総じてオトナ路線を目指すあたしとしては、今のこの体はちょっと不満…。
でもいいもん!あたしは美白だし、何よりゆりに確実に勝ってるトコが少なくとも一箇所あるんだから♪

「やだももち、何じろじろ見てるの?」

あ、しまった。あたしかなり見つめちゃってた。もしかしたらにらんでるくらいのレベルだったかも?

「い、いやー、ゆりスタイルいいなぁ~、って」
「そう?でもももちだって女の子って感じだよ~」
「え~そんなこと全然ないって~ゆりの方がいいよぉ~」
「そんなことない~ももちの方がいいってぇ」

そんな普通の女の子みたいな会話をしながら、あたしたちは着替えを終えた。
2人でレッスン場の出口にまで来て、ゆりが扉を開けてくれる。



びゅっ!



外はとっても寒~い!すっごい風が吹いてきた!あたしは思わず目を閉じて

「寒いっ!」

ぴょこっ

隣にいたゆりにくっついちゃう。とっても寒かったので思いっきりくっついちゃう♪
何秒かして風がやんで、あたしは目を開けて、ゆりを見上げた。
あれ?なんかゆりのほっぺが赤い。目も泳いでるしどうしたんだろ…あ、ちょっとこっち向いた。
ゆりが一瞬視線を送ってきた先は、ゆりの腕と、それに抱きついたあたしの体がくっついている部分…あ、わかった♪
これはチャンス!今こそあたしがゆりに唯一勝ってる"武器"を最大限活かすのよ!あたしの次の行動は…

「すっごい風だったねぇ、ゆりぃ♪」
「そ、そだね」
「寒いからもうちょっとくっつこっか」
「え、あ、う、うん」

きゅっ

ゆりの腕をあたしの体にさらに引き寄せる。あたしの体をゆりの腕にさらにくっつける。
さらにほっぺを赤くしてドギマギするゆり。うんうん。あたしの"オトナ"な魅力にメロメロなのね♪
もうちょっと遊んでみようっと。

「あれぇ?ゆりなんか顔赤いよぉ?」
「え、えっと、ももち、その…」
「なぁに?ゆりぃ♪」

やばい。吹き出しそう。でもガマンガマン。

「あの、ももち、当たってるんだけど…」

真っ赤になってつぶやくゆり。かわいい!こんなにおっきいのに、なんかとってもかわいい!

「え~なにがぁ?」
「だ、だからその、おっ…む、胸がさ」
「あぁ。でもいいじゃん。女同士なんだから♪」
「そ、そうだけど…」
「あ~!もしかしてゆり、エッチなこと考えた?やらし~い♪」

大げさに両手で胸をかばうようなポーズをしてみる。さらに真っ赤になるゆり。

「そんなこと考えてないもん!」
「あ、なんかムキになってる。あやし~い♪」
「だ、だから違…」

言いかけるゆりにさっと近寄るあたし。ビックリして一瞬動きの止まったゆりの胸元に頭を預ける。

「も、ももち!?」
「…すっごいドキドキしてるよ?ゆり♪」
「い、いや…」
「やっぱり"そういうこと"考えてたんだね」

反論できずにいるゆりに、さらに攻撃っ☆

「でもね、あたしも同じだよ」
「…え?」
「ほら」

手を取ってあたしの左胸に当てる。ゆりはもう慌てっぱなし。

「…ね?ドキドキしてるでしょ?」
「も、ももち…」

ゆりのほっぺはもう真っ赤。ぽーっとしてる。

「どう?」
「どうってその…やわらかい」

思わずポロッと漏らしたっぽい一言。でもあたしは聞き逃さないよ♪弾かれたように飛びすさりながら答える。

「やだぁ!そんなこと考えてたの?やっぱゆりってエッチ~」
「あ、ご、ごめんつい」
「どうしよっかな~。ちーにでもこのこと言っちゃおっかな~」
「そ、それはやめて!おねがい!」

もうすごい慌てぶり。なんだかんだでちーのことも気になってるんだね、ゆり。
でも今夜はあたしのものだもん。たぁ~~っぷりかわいがってあげるから☆
あー、おかしくて笑い出しそうだからからかうのはこの辺にしとこうっと。

「じゃあ行こっか、ゆり!」
「う、うん!」

ゆりの腕にくっついてレッスン場を出る。レッスンの後でおなかもちょっとすいてたし、
ちょっとおやつを食べたり飲み物を飲んだりした後、目的のプリクラへ。
普通のピースサインとかだけじゃ物足りないから、あたしとゆりならではのいろんなポーズを決めたりしてみた。
どんなのかはナイショだけど、いっこだけ教えるなら、あの『スッペシャル ジェネレ~ション』で一緒にやったポーズとかかな。
あとはみんなで考えてね☆

あ、それとプリクラ撮りに行って面白かったのが、他のメンバーみんな来てたっぽいこと。
撮ったプリができるまでの間、ゆりがジュースを買いに行ってくれるって言うんで、その間ぶらぶらしてたんだけど、隣の機械からは

「佐紀ちゃん大丈夫?なんか台もらってこようか?」
「もう!ちゃんと届くよ!みやのいじわる~!」
「よしよし。いいこいいこ」
「あーそうやってまたコドモ扱いするー」
「ほらほら。なでなでしてあげるから。ねー」
「もう…でもみやの"なでなで"は気持ちいいからいっかぁ…」
「そうそう。いいこいいこ」

そんな声が聞こえてくる。あとちょっと遠くからは

「ままぁ、みや、あんなに仲よさそうにしてるよ~!」
「しっ!りーちゃん、声が大きいって!」
「だってだってぇ、あたしもみやとプリ撮りたい~撮りたいよぉ…クリスマスの思い出、ほしいよぉ」
「あぁっ!リーちゃん泣かないで!」
「ひっく…ひっく…みやぁ…」
「よしよし。そのうちチャンスがまた来るって」
「ふぇぇぇん。ままぁ…ぐすっぐすっ」

こんな声も聞こえた。ま、まぁさん大変なんだなぁ…がんばって…。
はぁ、でもあたし、こんなに今日幸せでいいのかなぁ…?
ここまでデート楽しんでると、なんか他のメンバー、ちーとかに悪いような気がしてきた…。

「あれ?ももちどしたの?」

他のメンバーのやり取りを耳で感じて想像していたあたしを、戻ってきたゆりの声が目の前の現実に引き戻す。

「うぅん、なんでも。わぁかわいいー」

ちょうど出てきたプリを2人で眺める。そこにはできあがったばかりの2人の思い出。
それを見てさっきの梨沙子の声が頭に響く。そっか。そうだよね。せっかくあたしはゆりと今夜一緒にいられるんだもん。
思いっきり楽しんで、思い出作らないとねっ☆

「じゃあももち、次は何しよっか」
「そうだねぇ…ゆりと一緒なら何でもいいよっ♪」

再びゆりにくっついて、プリクラコーナーを後にするあたしたち。さぁ次は何をしようかな。
ゆりをもっとドキドキさせて、もっともっとあたしの虜にするため、あたしの猛アタックは続くのでした。
まだまだ夜は長いもんね☆サンタさん、こんなステキな一日をくれてありがとう~!



ル ’ー’リ<おわりっ☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。