スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  せいくらべ 

Berryz工房 2006/08/07 |このエントリーを含むはてなブックマーク 
茉麻の14歳の誕生日に合わせて書いた作品。茉麻視点です。

2006年7月3日掲載。

.

「えーと…うわっ、まだ伸びてるね…もう172センチ近いよ」
「えー、ほんとどこまで伸びるんだろ」

身長を計りあう。前はいい勝負の時もあったけど、ここ最近はもうずっとあなたの成長に驚かされっぱなし。
ついこないだまではあたしの方が背が高かったのになぁ。身体つきも立派だったし…あ、それは今もか。
まぁそっちの方はあんまり立派になられても困るけどね。ほどほどでいいよ、ほどほどで。
そんなことを考えながら、身長計を降りてきたあなたに話しかける。

「ねぇねぇ、ちょっと比べてみようよ」
「うん、いいよ」

身長を計りあった後はいつもこれ。お互い立って、背中合わせでくっつくの。
やるたびにあなたの肩が、頭が、あなたがどんどんあたしより高くなっていくのを感じる。
そしてそれと同時に、一緒にいられる喜びをかみしめる。この瞬間は誰よりも一緒だもん。
どんどんおっきくなっていくあなた。そんなあなたと一緒にいられるのがとっても嬉しいの。
あるときは学校のことやお仕事のことを気兼ねなく話せて、あるときは無邪気に走り回ったりあたしに甘えてきたりして、
でもまたあるときはすっごく頼りがいがあって、あたしをちゃんと女の子として扱ってくれたりして…
なんか友達と子供と恋人をいっぺんに得たような感じ。そんなことを考えただけで笑顔になっちゃう。
この世に生まれて、あなたと出逢えて、一緒にいられて…本当によかった。

今日はあたしの誕生日。そんな幸運に感謝する日。

~FIN~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。